カートを見るカートを見る
最新ニュース
update

【オリナス.ネット】都道府県別お届け日数について

お客様各位

平素は、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
取り急ぎ、当サイトの都道府県別お届け日数について案内いたします。

※例)1日=発送日の翌日にお届け予定

【1日】東京都(伊豆七島は3日)、神奈川県、千葉県、栃木県、山梨県、富山県、福井県、愛知県、静岡県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、鳥取県、徳島県

【1~2日】埼玉県(秩父郡、秩父市は2日)、茨城県、群馬県(利根郡、沼田市は2日)、長野県(南佐久郡は2日)、石川県、岐阜県(中津川市は2日)、三重県、奈良県(吉野郡は2日)、和歌山県(伊都郡、東牟婁郡は2日)、岡山県、広島県(庄原市は2日)、山口県(大島郡は2日)、香川県(小豆郡は2日)、愛媛県(越智郡、北宇和郡は2日)、高知県、福岡県

【2日】佐賀県、宮崎県

【1~3日】新潟県(中魚沼郡は3日)、島根県(鹿足郡は2日、隠岐郡は3日)

【2~3日】大分県

【1~4日】福島県(伊達郡、伊達市は1日)

【2~4日】北海道

【3~4日】長崎県(壱岐市、五島市、南松浦郡は4日)

【4日】宮城県、秋田県、山形県

【3~5日】熊本県(天草市、上天草市は4日、天草郡は5日)、鹿児島県(奄美市、出水郡、熊毛郡、西之表市は4日、大島郡、鹿児島郡は5日)

【4~5日】青森県(三戸郡は5日)、岩手県(九戸郡は5日)

【5日】沖縄


※本お届け日数につきましては、西濃運輸大津支店を起点とし、最短日数で輸送出来た場合のものです。道路状況・天候等の事情により、遅れ等が生じる場合があります。予めご了承のほどよろしくお願いいたします。
万一、上記事情から発生した損害につきましては、責任は負いかねます。

update

【CUI新製品】基板上のスペースが限られている、産業システム、オートメーション機器、セキュリティ、電気通信およびスマート・ホーム・デバイス向けに最適です。CUI、超小型SIPパッケージの1W「オープンフレームAC-DC電源」。

sample
【お客様ご採用商品】

CUI、超小型SIPパッケージの1W「オープンフレームAC-DC電源」PBO-1、PBO-1-Bシリーズ

【お客様ご採用メリット】

CUI、超小型SIPパッケージの1W「オープンフレームAC-DC電源」PBO-1、PBO-1-Bシリーズを採用する事で、省スペース化が実現。

【お客様での問題点】

これまで製品の小型化が問題となっていたが、小型の電源がなく、製品の小型化が出来ないでいた。

【弊社提案内容】

CUI、超小型SIPパッケージの1W「オープンフレームAC-DC電源」PBO-1、PBO-1-Bシリーズを採用する事で、省スペース化が実現。お客様製品の小型化に貢献可能。

【CUI、超小型SIPパッケージオープンフレームAC-DC電源、主な特長】
「最大1Wの連続出力」
最大1Wの継続パワーを出力可能。
「超小型SIPパッケージ」
直立型PBO-1シリーズ寸法(35.0x11.0x18.0mm)、直角型PBO-1-B シリーズ寸法(35.0x18.0x11.0mmn)です。
「広い入力電圧範囲」
本シリーズは、全負荷で-40~+85℃という幅広い動作温度範囲です。
「過電流および短絡に対する保護機能搭載」
自動復旧機能付き過電流および継続短絡保護も提供します。
「幅広い入力電圧」
高電圧DC-DCアプリケーション向け、85~305VACまたは70~430VDCという幅広い入力電圧が対応可能。
「安全基準認証済み」
全てのモデルはclass II構造で、UL 60950-1安全基準認証済み、CE安全マークを取得しています。

【CUI、超小型SIPパッケージオープンフレームAC-DC電源、主な用途】

産業システム、オートメーション機器、セキュリティ、電気通信およびスマート・ホーム・デバイス向けに最適です。
update

【白光新製品】はんだこてIoT対応タイプHAKKO FN-1010

sample
(特長)
・IoT通信を駆使してヒューマンエラーゼロの温度管理や、はんだ付け作業のトレーサビリティを実現。「はんだこて FN-1010」と「こて先温度計 FG-100B」を組み合せ、IoT通信を駆使することにより、トレーサビリティを向上させ、ヒューマンエラーを無く してはんだ付けを最適化します。
・日々のはんだ付け作業を行うだけで「プロセス管理」から「トレーサビリティ作成」まで可能。日々のはんだ付け作業で発生する様々な情報がリアルタイムで蓄積・保存され、その収集された情報を使って「はんだ付け条件の最適化」が可能です。
・収集されるデータ
以下の情報は、こて先 T36シリーズ (P.23)に内蔵されたメモリーチップに収集され、ステーションを経由してパソコンに保存されます。
●こて先形状 ●設定温度 ●温度範囲 ●負荷回数 ●通電時間 ●指定はんだ(鉛フリー用/鉛入り用) ●はんだ付け時の供給エネルギーなど
・こて先温度の測定結果を赤外線通信で送信すれば自動で校正/補正が完了。いつも通り温度測定をするだけで「人による誤った判定や行動」を排除した「こて先温度の校正および補正」が実現。自動で温度測定/校正/補正の結果も記録します。
・はんだ付け時の供給エネルギーを可視化。はんだ付け時にこて先から供給されるエネルギーをデータ化し、可視化することで、これまで出来なかったはんだ付け作業の要因の管理が可能になります。
update

【白光新製品】HAKKOパワーアジャスター

sample
(特長)
・作業に応じて電気こての温度を調節
・ヒートショックを防いで安心な作業を実現
・電気こてのパワーを無段階に調節
設定範囲:電気こての100~50%まで自由に設定可
適用消費電力:電気こて 20~200W


(主な用途)
・基板やステンドグラスなど、はんだ付け時の温度を下げたい時に
・造花こての生地や布にあわせて温度を下げたい時に
update

【モレックス新製品】信号とイーサネットを接続可能な車載用途向けハイブリッドコネクター 「stAK50h 非防水コネクターシステム」のラインナップを拡充

sample
モレックスは、一つのコネクターで信号とイーサネットの両方を接続可能な車載用途向けハイブリッドコネクター「stAK50h 非防水コネクターシステム」に、新たなヘッダーおよびリセプタクル製品を追加しラインナップを拡充しました。
stAK50h コネクターシステムは、従来、別々のシステムを利用していた信号とイーサネットの接続を1つのコネクターに統合したハイブリッドコネクターで、部品搭載スペースの縮小化と設計柔軟性を提供します。本製品はUSCAR-2 および世界的な自動車メーカー標準に適合しているため、自動車メーカーでの検証時間を節減でき、市場投入までの期間短縮に貢献します。
このたびstAK50h 非防水コネクターシステムに追加された製品は、スルーホールタイプのライトアングル型およびストレート型ヘッダー、および極数12、25、27、32 のリセプタクルです。5.0A の低電流信号から30.0A の大電流まで幅広いアプリケーションに対応します。

stAK50h 非防水コネクターシステムの主な特徴
USCAR-2 や世界的な自動車メーカー標準に適合し、市場投入までの期間を短縮
自動車用途で広く用いられている0.50mm、1.20mm および2.80mm の端子サイズを採用
ハウジングにUSCAR 標準カラーコードを採用しているため目視で極性を確認でき、誤嵌合防止に寄与
ヘッダー嵌合時に使用するPCB 位置合わせボスによって基板への正確な実装が可能
スタック可能なヘッダー設計
本コネクターは、自動車の快適性システム(パワーシート)やインフォテイメントシステム、運転補助
(ナビゲーションシステム)、車体電装(内部照明、計器、ドアゾーンモジュール)、安全機構(シャー
シ)、車内ネットワークのほか、商用車の内装電装モジュールや車体電装モジュールなどに適してい
ます。
update

【日本航空電子新製品】車載用USB2.0対応コネクタ「MX45Mシリーズ」を開発・販売開始

sample
日本航空電子工業は、車載インフォテイメント向けUSB2.0対応のインターフェースコネクタ「MX45Mシリーズ」を開発し、販売を開始致しました。
 近年、自動車市場におけるカーナビゲーションやヘッドユニットシステムでは、携帯型デジタルオーディオプレーヤーやスマートフォンをUSBケーブルで接続し、これらの機器に蓄積されたデータを活用して、音楽や映像を楽しめる機能が付加されてきています。
 このような市場のニーズに応えるために、ユーザー持ち込み機器との接続を可能とする、車載用USB2.0対応インターフェースコネクタ「MX45Mシリーズ」を開発致しました。
 本製品は、USB2.0規格の伝送性能を満足させるとともに、各種携帯機器向けケーブルに対応し、車載用コネクタに必要な堅牢な構造、耐環境性能を有しております。
 当社は、既にリリースしている車載用車体内部配線、インターフェース向けコネクタ「MX39シリーズ」、「MX49シリーズ」と合わせ、車載用USB2.0対応製品のライナップを揃え、お客様の多様なニーズにお応えして参ります。

※本製品は伝送性能、信頼性確保のためケーブルハーネスとしてのみ販売させて頂くもので、コネクタ単品ではご提供しておりません。

◆特 長
・USB2.0 Type A車載対応コネクタ
・伝送性能は、USB2.0規格準拠
・USB認証(TID)取得製品
・コネクタの嵌合において、耐こじり構造を採用することで優れた挿抜性能を実現
・各種携帯機器向けケーブルに対応
TID:USB Implementers Forumにより付与されるテストID(認証番号)


◆適用市場
カーナビゲーションシステム、カーオーディオシステム、ヘッドユニットシステム他
update

【日本圧着端子製造新製品】ISO19689に準拠した、0.64mm個室防水で6種の電線対電線用コネクタ。「MWTシリーズ」

sample
ISO19689に準拠した、0.64mm個室防水で6種の電線対電線用コネクタ。
メスコネクタ・オスコネクタ共にリテーナはプリセットタイプです。メスコネクタを防水・防塵する為の保護カバーは固定方向選択が可能です。
update

【村田製作所新製品】過酷な環境下で高精度なセンシングを実現する3軸傾斜センサを「第11回[国際]カーエレクトロニクス技術展 ~カーエレ JAPAN~」に出展

sample
村田製作所は、過酷な環境下で高精度なセンシングを実現する3軸傾斜センサ「SCL3300シリーズ」を開発しました。

1.開発の背景
昨今、電装化が進む自動車においてオートレベリング用途として、ヘッドライトの照射軸を自動車の傾きによって調節する機能など、従来の傾斜検知以外の用途での3軸傾斜センサのニーズが高まっています。
このほか、IoT技術の進展により、橋梁や高架道、トンネルなどの老朽化するインフラの維持管理においても、3軸傾斜センサを用いることで各構造物を長期間安定的に遠隔モニタリングするニーズが高まっています。
本製品は自動車業界などでの採用実績を持つMurata Electronics OyのMEMS技術の活用により、小型かつ省電力で高精度な3軸検知を実現した製品を開発しました。

2.主な特長
特長の詳細は以下の通りです。

過酷な温度環境下で高精度なセンシングを実現(‐40℃~125℃)
業界最高クラスの高分解能を実現しながらも超低レベルのノイズを実現
センサ素子とASICをパッケージングすることで各軸の加速度から実角度を
スムーズに算出
デジタルSPIインタフェース*4によりアナログ-デジタル・コンバータ(ADC)
設計が不要
多様なニーズに応じる4つの測定モードを搭載
待機時の省電力化(約3uA)によりバッテリでの長時間駆動に対応


3.今後の展開
本製品は、3軸傾斜センサ「SCL3300シリーズ」としてサンプル出荷を既に開始しており、量産出荷は2019年春ごろを見込んでいます。

今後、自動車の高機能化・電装化により、車載向け電子部品に要求される性能はさらに高度化していく見込みです。また、IoT技術の進展により、省電力・高性能な電子部品のニーズはさらに高まっていく見込みです。当社は今後も研究開発に取り組み、さらなる小型化、温度特性の保証など、お客さまのニーズに応える製品を開発していきます。
update

【村田製作所新製品】世界初、車載向け高速LAN規格1000BASE-T1に対応した コモンモード・チョークコイルを製品化~最大1Gbpsの通信速度に対応した業界最小サイズの製品を開発~

sample
村田製作所は、世界で初めて車載向け高速LAN規格1000BASE-T1に対応したコモンモード・チョークコイル「DLW32MH101XT2」を業界最小サイズで開発し、サンプル出荷を開始します。

1.開発の背景
近年、自動車業界では自動運転やADASなど自動車の高機能化のため、センサとして車載カメラの高画質化がさらに進み、これまで以上に各種ECU 間を結ぶ車載ネットワークの高速化が進展しています。将来的には、現在普及が進む100BASE-T1の通信規格からさらに高速な1000BASE-T1の普及が進むことが予想されています。
本製品は、当社の有する巻き線技術により小型化を実現し、また、1000BASE-T1規格の通信回路で使用されるノイズフィルタに求められる特性・信頼性を実現しています。

2.本開発品の特長
本製品は車載ネットワークの標準化団体”OPEN Alliance*7 ”の定めるSパラメータ特性*8に対応しています。特長の詳細は以下の通りです。

1000BASE-T1(最大1Gbps)に世界で初めて対応したコモンモード・チョークコイル
”OPEN Alliance”の定めたSパラメータ特性に完全対応
使用温度-40℃~125℃を実現
独自の巻き線構造で業界最小サイズとなる3.2mm×2.5mmを実現


3.今後の展開
本開発品は2019年に1000BASE-T1に対応した車載機器が導入されることを視野に入れ、サンプル出荷を開始しました。また、2018年内に量産を開始する予定です。
今後、自動車の高機能化・電装化により、車載向けネットワークの高速化に対する要求はますます高まっています。将来的には1000BASE-T1を超える高速ネットワーク(マルチギガ)の普及も見据えながら、今後もお客さまのニーズに応えるさまざまな製品を開発していきます。
update

【村田製作所新製品】世界最小のフェライトビーズ・ノイズフィルタを商品化 ~IoT機器やウェアラブル機器などの小型化・高性能化に貢献

sample
村田製作所は、IoT機器やウェアラブル機器などの小型化・高機能化に貢献する世界最小のフェライトビーズ・ノイズフィルタ「BLMMEシリーズ」を商品化しました。

1.開発の背景
電子機器において電源回路や信号回路で使われるノイズフィルタは、小型化・高性能化が進むスマートフォンには100個程度使われることもあり、スペース削減のために一層の小型化が必要となっています。このほか、次世代通信サービス(5G)により急速な市場拡大が予想されるIoT機器の分野においては、さまざまな小型機器に通信回路が組込まれることになり、超小型ノイズフィルタに対するニーズが高まることも予想されています。
本製品は、村田製作所の有する微細加工技術の精度をさらに向上させ、内部コイルを構成する積層部品のさらなる微細化を進めることで、底面積で従来比約50%の小型化を実現しています。

2.主な特長
世界最小サイズ
0.3×0.15×0.225mm(長さ×幅×高さ)の製品サイズにより、従来品の56%の底面積を実現しました。電子回路における実装面積の大幅な削減を可能とし、さらなる高密度回路設計に貢献します。

従来品と同等の特性・性能を維持
一般的にフェライトビーズ・ノイズフィルタは小型化するほどインピーダンス特性や直流抵抗特性が不利になる課題がありましたが、本製品は当社の微細加工技術により従来品と同等の性能を実現しています。
(性能:インピーダンス150Ω(100MHz)、直流抵抗0.70Ω)

3.今後の展開
本製品はフェライトビーズ・ノイズフィルタ「BLMMEシリーズ」として、一部サンプル出荷を開始しており、2019年6月から量産を開始する予定です。
出荷当初はインピーダンス150Ωの1品種による展開を行いますが、今後、市場・お客さまのニーズに応じてさまざまな特性を持った製品を開発していきます。
使用される用途としては、スマートフォンに留まらず、家庭内の各種家電製品、身につけるウェアラブル機器、自動運転など電装化が進む自動車、ドローン、産業機器といったさまざまな電子機器での利用を想定しています。