カートを見るカートを見る
最新ニュース
update

【オリナス.ネット】都道府県別お届け日数について

お客様各位

平素は、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
取り急ぎ、当サイトの都道府県別お届け日数について案内いたします。

※例)1日=発送日の翌日にお届け予定

【1日】東京都(伊豆七島は3日)、神奈川県、千葉県、栃木県、山梨県、富山県、福井県、愛知県、静岡県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、鳥取県、徳島県

【1~2日】埼玉県(秩父郡、秩父市は2日)、茨城県、群馬県(利根郡、沼田市は2日)、長野県(南佐久郡は2日)、石川県、岐阜県(中津川市は2日)、三重県、奈良県(吉野郡は2日)、和歌山県(伊都郡、東牟婁郡は2日)、岡山県、広島県(庄原市は2日)、山口県(大島郡は2日)、香川県(小豆郡は2日)、愛媛県(越智郡、北宇和郡は2日)、高知県、福岡県

【2日】佐賀県、宮崎県

【1~3日】新潟県(中魚沼郡は3日)、島根県(鹿足郡は2日、隠岐郡は3日)

【2~3日】大分県

【1~4日】福島県(伊達郡、伊達市は1日)

【2~4日】北海道

【3~4日】長崎県(壱岐市、五島市、南松浦郡は4日)

【4日】宮城県、秋田県、山形県

【3~5日】熊本県(天草市、上天草市は4日、天草郡は5日)、鹿児島県(奄美市、出水郡、熊毛郡、西之表市は4日、大島郡、鹿児島郡は5日)

【4~5日】青森県(三戸郡は5日)、岩手県(九戸郡は5日)

【5日】沖縄


※本お届け日数につきましては、西濃運輸大津支店を起点とし、最短日数で輸送出来た場合のものです。道路状況・天候等の事情により、遅れ等が生じる場合があります。予めご了承のほどよろしくお願いいたします。
万一、上記事情から発生した損害につきましては、責任は負いかねます。

update

【MORNSUN新製品】小型SMDパッケージCAN / RS485 / RS232トランシーバモジュール - TDx31SCANH(FD)、TDx31S485(H / H-E / H-A)、TDx31S232Hシリーズ

sample
MORNSUNは、電力網、産業用制御、および輸送業界の高速信号応答を支援するために、SMDパッケージ、TDx31SCANH(FD)、TDx31S485(H / HE / HA)、TDx31S232Hシリーズの新しい費用対効果の高い小型トランシーバモジュールを発売しました。

このシリーズはSMTプロセスを採用しているため、顧客は自動処理を容易に達成でき、コストを大幅に削減できます。従来のDIPパッケージと比較して、そのボード面積(寸法は17.00 x 12.14 x 9.45 mm)は約40%削減されているため、顧客の設計はより柔軟になります。

アプリケーション:
電力網、産業用制御、および輸送(鉄道、自動車)などの用途に広く使用されています
update

【アルプスアルパイン新製品】第5世代を見据えた高密度実装化に貢献 アルプスアルパイン 光トランシーバ向けミラー付レンズアレイを開発

sample
アルプスアルパインは、データセンター等の光ネットワークに使われる光トランシーバ向けにミラー付レンズアレイ「FLHL2シリーズ」を開発、8月より量産を開始します。
従来は、受光素子に光を伝搬する際にレンズとミラーをそれぞれ配置しなければならなかったところ、これらを一体化したことで部品点数の削減、光学長の短縮を可能とし、光トランシーバ全体の小型化に貢献しています。
 また、部品点数を減らすことによって、トランシーバの組み立て⼯数の削減、コスト低減にもつなげます。

なお、当製品のレンズ間ピッチは0.75mmで、既存の光トランシーバに合わせて設計していますが、将来的にはIoTの普及、5Gサービスの導入による市場の小型化、マルチチャンネル化ニーズに合わせ、0.5mm、0,25mmの開発も視野に入れています。


【主な特長】

集光レンズとミラーを一体化したレンズアレイで光トランシーバの小型化と製造工程の削減に貢献
光損失が少なく、長年に渡り実績のあるガラスレンズ
鉛フリーガラス採用(RoHS対応)

【主な用途】

データセンター通信ラック内の光トランシーバ
update

【アルプスアルパイン新製品】業界最小、高分解能かつ高リニアリティを維持しつつ、耐衝撃性を大幅に向上 フォースセンサ「HSFPAR004A」を開発、量産を開始

sample
アルプスアルパインは、フォースセンサ「HSFPARシリーズ」に、耐衝撃性を向上した「HSFPAR004A」をラインアップ、本年3月より量産を開始しました。
スタイラスペンには、そのペン先の軌道を捉えるとともに、筆圧に応じた描画の太さを再現するフォースセンサが搭載されています。
当社ではこれまで業界最小クラスのフォースセンサ「HSFPARシリーズ」を量産・販売しており、高分解能かつ高リニアリティであることがお客様より評価されてきました。
その一方で、誤ってペンを落下させるなどした際の衝撃に耐えられず、センサ部(押し子)が破損してしまうケースが報告されていました。

当社ではこの課題に対応した「HSFPAR004A」を新たに開発、本年3月より量産を開始しました。本製品は、押し子の直径を従来の0.20mmから0.40mmに拡大するとともに、衝撃を分散する端面形状としたことで、従来品より優れた耐衝撃性を実現。ペン落下時のセンサ破損リスクを低減したことで、ユーザーは安心してスタイラスペンを使用できるようになります。


【主な特長】

業界最小サイズと高分解能、高リニアリティ、優れた耐衝撃性を備えたフォースセンサ

2%FS以下の高いリニアリティ
耐久100万回の長寿命
荷重分散形状を採用した優れた耐衝撃性
ゼロストローク(0.01N)レベルの小さな応力から検出可能
外部の磁場や電場の影響を受けない構造


【主な用途】

スタイラスペンなどの各種インプットデバイス

ロボットアーム掴み部における加圧バランスの調整

各種産業機器
update

【アルプスアルパイン新製品】手応えと切れある押し心地、操作音の静音化を両立 車載用タクトスイッチ®「SKTRシリーズ」を開発・量産開始

sample
アルプスアルパインは、車載向けに適した小型ミドルストロークタイプのタクトスイッチ®「SKTRシリーズ」を開発し、本年6月より量産を開始します。
この度、アルプスアルパインが新しく開発したタクトスイッチ®「SKTRシリーズ」は、従来品のステム(スイッチ操作部)のラバーとメタル接点の構造を見直したことで、手応えと切れのある押し心地と操作音の静音化を両立した小型ミドルストロークタイプのスイッチです。
また本製品は、従来より車載向けタクトスイッチ®として好評を得ているプリストローク領域を設けたことで、製品搭載時のラトルノイズ※発生を防止することが可能。
ステアリング周辺やセンターコンソールなどにおいて、確実な操作と快適性が求められる入力デバイスとして最適な製品となっています。

【主な特長】

手応えと切れのある押し心地、操作音の静音化を両立

ラバーとメタル接点の構造見直しにより従来にない操作フィーリングを実現
プリストローク設計採用によりラトルノイズ防止に貢献
基板設計を変更することなく、従来品「SKPMシリーズ」「SKPSシリーズ」からの置き換えが可能


【主な用途】

ステアリングスイッチ

センターコンソールパネル(HVAC 等)

カーオーディオ、ナビゲーション 等
update

【日本圧着端子製造新製品】JFA-J2000(プリント基板用)シリーズ

sample
2.5mmピッチ、2列タイプのコネクタです。
コネクタロック方式にセンターロック方式とサイドロック方式を用意、用途に応じて使用できます。
リセプタクル端子はJ2000シリーズ全て共通としました。

ピッチ: 2.5 mm
定格電流: MAX 4.3A (6極AWG#20使用時)
定格電圧: 250V
実装方向: トップ・サイド
update

【日本圧着端子製造新製品】中継用コネクタRWMシリーズ

sample
ユニット接続における信号2列タイプのドロワーコネクタです。
ユニット間のズレ吸収機能を持ち、挿抜回数の少ない個所に最適なドロワーコネクタです。

ピッチ: 1.5 mm
定格電流: 信号部/1.0A (AWG#26使用時)
定格電圧: 信号部/50V
update

【ケル新製品】5.08mmピッチ 圧着ケーブル用コネクタ ケーブル2本圧着可能タイプFTCシリーズ バリエーション展開のお知らせ

sample
この度、5.08mm ケーブル2本圧着可能コネクタ「FTCシリーズ」のバリエーション展開をいたします。
「FTCシリーズ」の従来のラインナップであるドロワータイプ(FTC01)、ロック付きタイプ(FTC02)に続き、今回はケーブル中継タイプ(FTC12/プラグ側)を発売します。
またケーブル中継タイプと合わせて、基板側コネクタ・ライトアングルタイプ(FTC11)、ケーブル側コネクタ・ロック付きタイプの6極と20極のバリエーションを追加しました。

<新製品>
・FTC12:プラグ(ケーブル中継タイプ) 6 / 12 / 20極

<極数バリエーション追加>
・FTC02:レセプタクル(ケーブル側コネクタ・ロック付きタイプ) 6 / 20極
・FTC11:プラグ(基板側コネクタ・ライトアングルタイプ) 6 / 20極

<FTCシリーズの主な特長>
・1つのコンタクトにケーブル2本を圧着可能なコネクタです。
・適合ケーブルはAWG#14/16/18/20です。
・ケーブルを圧着したコンタクトはハウジングの任意の箇所に装着可能です。
・ケーブルを2本圧着させる事で、省スペース化を実現し、コネクタ間の電源渡しが可能です。
・嵌合誤差XY方向に±3mm吸収する誘い込み形状を搭載しています。
・ケーブル側コネクタのネジ止め部分の可動により、
嵌合後の可動をXY方向に±0.7mm吸収可能です。(FTC01)
・有効嵌合長3mmの高信頼設計です。
・挟み込み2点接触構造によりコンタクトの座屈を防ぎ、安定した接触力で信頼性を向上させています。

<製品仕様>
・インシュレータ材質 :PBT(ガラス繊維入り)UL94V-0材、黒色
・コンタクト材質 :銅合金
・コンタクト仕上 :[FTC0□/12] ニッケルメッキ下地
接触部/金メッキ仕上 圧着部/ニッケルメッキ
[FTC11] ニッケルメッキ下地、金メッキ仕上
・取付金具材質 :銅合金
・取付金具仕上 :ニッケルメッキ下地、金メッキ仕上
・ワッシャー/リベット材質 :ステンレス
・定格電流 :[AWG#14/16] 1端子につき8.5A MAX.(1端子通電時16A可)
[AWG#18] 1端子につき7.5A MAX.(1端子通電時15A可)
[AWG#20] 1端子につき7.0A MAX.(1端子通電時14A可)
・接触抵抗 :10mΩ以下
・耐電圧 :AC2,200V、1分間
・絶縁抵抗 :DC500V、1,000MΩ以上
・挿抜耐久性 :500回
・使用温度範囲 :-55℃~+105℃
・圧着部引張強度 :[AWG#14/16]190N以上、[AWG#18]120N以上、[AWG#20]75N以上
・適合電線 :AWG#14/16/18/20
update

【村田製作所新製品】世界最小クラスのLPWAモジュール(CAT.M1/NB-IoT対応)を開発 ~インフラ設備のIoT化に貢献~

sample
村田製作所は、世界最小クラス*1のLPWA(Low Power Wide Area)モジュールとなる「Type 1WG」「Type 1SS」の2製品を開発しました。

本開発品の特長
・世界最小クラスのモジュールサイズ
「Type 1WG」は12.2mm×12.0mm×1.6mm(長さ×幅×高さ)、「Type 1SS」は10.6mm×13.2mm×1.8mmの製品サイズにより、一般的な小型モジュールに対して底面積で50%の小型化を実現しました。
電子回路における実装面積の大幅な削減を可能とし、高密度回路設計に貢献します。

・低消費電力
本開発品はAltair Semiconductor社、Mediatek社のモデムチップを採用したことにより低消費電力を実現しています。
eDRX(extended Discontinuous Reception)/PSM(Power Saving Mode)という技術を用いることにより、待受時の電波受信頻度を下げ、PSMでは限られた時間帯にのみ電波受信を行うことで消費電力を削減しています。
待機モードで3.5μA以下という超低消費電流を実現しており、電池1個で10年から15年での動作を可能にします。

・高信頼性
当社が持つ通信モジュールの設計・製造のノウハウを活かし、高品質を実現しています。
また、モジュール内の受動部品が当社の製品で構成されていることも、高い信頼性を支えています。
update

【ローム新製品】世界初※、1700V SiC MOS内蔵AC/DCコンバータICを開発 「BM2SCQ12xT-LBZ」が、交流400V産業機器に 劇的な小型化と高信頼化、省電力化を提供

sample
ロームは、大電力を扱う汎用インバータやACサーボ、産業用エアコン、街灯などの産業機器に向けて、1700V耐圧SiC MOSFET)内蔵AC/DCコンバータ)IC「BM2SCQ12xT-LBZ」を開発しました。
「BM2SCQ12xT-LBZ」は、AC/DCコンバータICにおいて、圧倒的な省エネ性能を誇るSiC MOSFETを世界で初めて内蔵し、ディスクリート部品構成による設計課題をなくすことで、省電力のAC/DCコンバータを極めて簡単に開発可能にする製品です。
産業機器の補機電源)用に最適化された制御回路とSiC MOSFETの1パッケージ化により、一般品での構成と比較して、劇的な部品点数削減(12製品と放熱板を1製品に削減)と部品故障リスク低減、SiC MOSFET採用に対する開発工数削減などを一気に実現しながら、従来比較で最大5%の電力高効率化(電力損失に置き換えると28%削減)を実現することができます。
このため、産業機器の劇的な小型化と高信頼化、省電力化に貢献することが可能です。