カートを見るカートを見る
商品紹介

「電子部品 インダクタ(コイル)」の商品を探す

「オリナス.ネット」環境調査、不具合解析に対応! 5,000円以上ご購入で送料無料!14時までに ご注文で即日出荷可能!

(インダクタの原理)
電線に電流が流れると電線を中心とした同心円状に磁界が発生します。
そこで、電線を「バネ状」に成形すると、インダクタ内部では磁束が同一方向になって強められます。この巻数を調整することによって、巻数に比例した磁界を発生させることができます。これがインダクタの原理です。
インダクタに電流が流れると磁界が発生し、逆に磁界が変化すると電流が流れます。※電磁誘導の法則
インダクタに発生する逆起電圧Eは、単位時間当りの電流の変化率(d i/ d t )に比例しますので、同一方向に一定電流が流れ続ける直流では発生しません。つまり、インダクタは直流電流に対しては何の作用もせずに、交流に対してだけ、電流を流さないように作用するのです。インダクタの持つこの性質を利用して、交流回路における抵抗(インピーダンス)として利用します。インダクタの持つインピーダンスZ(単位Ω)はZ=ωL=2πfLと表せます。
fは交流の周波数、 L はインダクタの自己インダクタンスです。
インダクタは、断面積Sが広いほど、磁路(磁束の 通る道)が短いほど磁束を多くすることができます。また、磁束は磁気抵抗の少ないところに集まる性質を持っています。そこで、透磁率の大きな強磁性体をインダクタに挿入することで磁束を多くすることができます。これが鉄芯の存在理由であり、大きなインダクタンスが欲しいときやインダクタを小型化したいときは透磁率の大きな磁性体鉄芯を挿入します。インダクタンスは巻数nの二乗、巻線の半径aの二乗に比例し、鉄心の透磁率μに比例します。ただし、鉄芯にはヒステリシス特性があります。磁束・材料・温度によって特性が変化したり、損失やひずみが発生します。