カートを見るカートを見る
商品紹介

「電子部品 回路保護素子」の商品を探す

「オリナス.ネット」環境調査、不具合解析に対応! 5,000円以上ご購入で送料無料!14時までに ご注文で即日出荷可能!

回路保護素子は、各種電子機器の2次側回路において過電流や過電圧(静電気)からその回路を保護する目的で使用されます。
回路のどこかで短絡などの異常が発生して過電流が流れた場合、主電源のヒューズが必ず溶断してくれればヒューズは1つで十分です。
しかし、回路がいくつかに分岐していると、電流容量の小さな末端で異常が発生しても主電源部では検出できないことがあります。
その結果、局所的に発熱して発煙・発火に至ることにもなりかねません。
そのため、近年では安全対策として回路の分岐ごとに面実装タイプの電流ヒューズを挿入する例が増えています。
面実装タイプの電流ヒューズは、溶断するヒューズエレメントによって金属皮膜と金属線を用いたものに分けることができます。
エレメントに金属皮膜を用いた電流ヒューズは、外形寸法が角形チップ抵抗器と同じであるため、回路基板への抵抗器と同時搭載が可能です。
エレメントが金属線でセラミックボディのものは一次回路での使用が可能なものもあります。
目的とする機能や特性から、回路に適したヒューズを選定しなくてはなりません。大抵の電流ヒューズは、電気用品安全法やULなどの安全規格を取得しています。
バリスタとは、印加する電圧による抵抗値変化を利用し、雷サージや静電気放電(ESD)などの異常電圧から電子機器を保護する部品です。
KOAのチップバリスタは、主にESD対策を目的とし、一般信号回路や車載機器用等の多くの用途をカバーしています。