カートを見るカートを見る
商品紹介

「電気部品 基本測定器」の商品を探す

「オリナス.ネット」環境調査、不具合解析に対応! 5,000円以上ご購入で送料無料!14時までに ご注文で即日出荷可能!

スイッチ(ロータリースイッチ、ダイヤルスイッチ、スライドスイッチ、ボタンスイッチ 等)によって内部の計測回路を切り替えることによって、直流および交流の電圧・電流等々、さまざまな量を計測できる計測器です。
「保守点検用電気計測器」として扱われることもあります。
テスターはマルチメーターの一種で、直流の電圧・電流・抵抗、交流電圧を測定することが出来ます。
(アナログマルチメータ)
アナログテスターとも呼ばれる。広範囲の直流電圧、直流電流、交流電圧、電気抵抗の測定が可能です。多機能機種では、交流電流、トランジスタの電流増幅率、コンデンサの静電容量、温度などが測定できるものもあります。
アナログマルチメータは一般に以下の部品から構成されます。
・メータ(指針):値を表示する部分である。
・ロータリースイッチ:測定レンジの切り替えを行う。
・ゼロオーム調整つまみ:抵抗の測定を行なうとき、0Ωの位置を調整する。
・測定用端子:プラス側およびマイナス側のテストリードを接続する。
・テストリード:接触用の金属棒・絶縁棒がセットになったリード線。
(デジタルマルチメータ)
デジタルマルチメータは一般に以下の部品から構成されます。
・メータ(モニタ):値を表示する部分です。一般的に液晶ディスプレイであり、バックライトを内蔵する製品もあります。商用電源を使用する据え置き型では7セグメントLEDや蛍光表示管(VFD)を用いたものもあります。
・ロータリースイッチ:測定レンジの切り替えを行う。
・ブザー:導通状態を音によって示す。導通の有無が表示を見なくても音で判り作業性が良い。
・測定用端子:プラス側およびマイナス側のテストリードを接続する。
・テストリード:接触用の金属棒・絶縁棒がセットになったリード線。