カートを見るカートを見る
商品紹介

「半導体 マイコン」の商品を探す

「オリナス.ネット」環境調査、不具合解析に対応! 5,000円以上ご購入で送料無料!14時までに ご注文で即日出荷可能!

今日、私たちの身の回りにある電子機器の多くには、マイコンが用いられています。携帯電話やテレビはもちろん、冷蔵庫や洗濯機、スイッチを押すとLEDが点滅するような子供向けおもちゃにもマイコンが用いられています。では、いったいマイコンは、それらの機器の内部で何をしているのでしょうか。
マイコンはそれらの機器の動作の要となる、ハードウェアの制御を行っています。例えば、ボタンやキーからの入力を受け取り、あらかじめ設定されたプログラムにもとづいてモータやLCDなどの周辺回路を制御しています。
マイコンはCPUとメモリ、周辺機能などで構成されています。私たち人間に例えると、CPUが思考、メモリが記憶、周辺機能が視覚などの感覚と手足を動かす神経とイメージ出来るのではないでしょうか。
CPUが思考に対応するといっても、人間のように意識をもって自発的に考えることはありません。あらかじめ用意された命令の組み合わせ(プログラム)がメモリに記憶されており、その命令を順次読み出して実行します。CPUが実行する命令は、「歩く」や「話す」などといった高度なものではありません。メモリのある場所から「データを呼び出す」や「書き込む」、あるいは、足し算や掛け算、論理演算を行うという単純な命令を実行するだけです。そのような単純な命令を組み合わせることによって、複雑な機能を実現します。